プラセンタの安全性

プラセンタの安全性

美容やアンチエイジングに人気の高いプラセンタですが、その安全性はどうなのでしょうか。

まず副作用についてですが、ごく稀に一部の人に副作用が出る可能性があるものの、大半の人には重大な副作用はおこりません。
安全性という面では、プラセンタには感染症のリスクがあります。
感染症と聞くと怖いかもしれませんが、実際に事例はなくあくまで理論的なリスクです。

「プラセンタ注射をしたら献血ができない」
と聞いたことがありませんか?
プラセンタ注射はヒト由来であるため、クロイツフェルト・ヤコブ病やまったく未知の病原体が含まれていないとも限りません。
感染事例はないとは言え、理論的には否定ができないため献血も制限されてしまいます。

動物由来のプラセンタはどうでしょうか?
豚や馬のプラセンタはあっても牛プラセンタというのは聞きません。
これは狂牛病などの恐れから自粛しているためです。
では豚や馬は安全なのでしょうか?
豚プラセンタはヒトとの相性も良いと言われています。有効成分も多く、牛プラセンタが使用できなくなってからは主流のプラセンタとなっています。
馬プラセンタは豚の何倍ものアミノ酸を含み栄養度が高く、豚よりも体温が高いため寄生虫も住みにくい動物なのです。
ひづめが割れている偶蹄類の動物は狂牛病にかかる恐れがありますが、馬は奇蹄類に属し、その心配がありません。
馬はとてもデリケートな動物で育て方もデリケート。プラセンタの中でも馬プラセンタはとても安全なのです。

好み別プラセンタ ランキング

トライアル有
美容に良い
コスパが良い
品質が良い
プラセンタ種類別ランキング
プラセンタの正しい選び方
プラセンタ注射