活性酸素を取り除くことで肝疾患の治療にも使える

活性酸素を取り除くことで肝疾患の治療にも使える

プラセンタといえば、美肌やアンチエイジングなどに効果的だと思われがちですが、肝疾患の治療にも役立つことをご存じですか?

まず肝臓には、生命を維持していくの色々な働きをしてくれています。
代謝・解毒・胆汁分泌が主な働きですが、その解毒効果によって活性酸素が大量に生成されると、肝細胞が障害や炎症を起こし肝臓が弱ってしまいます。
またアルコールの過剰摂取によっても活性酸素は発生し、アルコール性の肝炎を引き起こすことがあります。
活性酸素は増えすぎてしまうと、細胞を破壊し最悪の場合生命にかかわることもあるんです。

~肝疾患がおよぼす影響~
慢性的に疲れがとれなくなり、寝てもだるい、不眠症、食欲がない、身体に老廃物が溜まる、などの症状がでてきます。さらに肝機能が低下すると肝臓がんなどの恐ろしい病気の原因にもなりかねません。

~プラセンタの効能~
プラセンタは活性酸素を取り除いてくれる抗酸化活性成分を持っています。
その作用によって、活性酸素から肝臓を守り、肝機能の働きを高めてくれるのです。
もともと人には活性酸素を取り除く力があるのですが、年齢を重ねるごとに減少してしまうことから、中高年になると肝疾患に悩まされる方が多くなるのです。
それらの働きを助けてくれるプラセンタをうまく取り入れて、肝細胞の修復や増殖をおこないましょう。
だからと言ってプラセンタに頼りすぎてもいけません。食べ過ぎやアルコールの過剰摂取は控えて肝臓をいたわってあげてください。

好み別プラセンタ ランキング

トライアル有
美容に良い
コスパが良い
品質が良い
プラセンタ種類別ランキング
プラセンタの正しい選び方
プラセンタ注射